目的に合わせて土嚢袋のサイズを使い分けましょう

作業者
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な場面で活用できる

土嚢

万能な工業用の袋です

土嚢袋は非常にシンプルで利用価値の大きい袋です。様々な場所で利用することが出来ます。一番多い使い方としては積み重ねて土木工事などに利用します。もちろん工業用に工場などで利用する場合もあります。以前は麻のものが主流でしたが最近ではポリエチレン製のものが一般的になっています。ポリエチレン自体が丈夫で軽く水などにも強いためです。種類は一種類ではなく幾つかのサイズがあります。土嚢袋を利用する場合には隙間なく積むことが何よりも大切です。そのためにサイズが様々に用意されています。用途に応じたサイズを選ぶということも土嚢袋を活用するためには重要なことです。最近では紫外線にも強いタイプなども登場して耐久性が上がっています。

迅速な対応が可能です

土嚢袋は非常に多く利用されている背景には河川や山などが多いということもあります。氾濫などが起こりやすい地形の場所が多いために利用されることが多かったのです。そのために工業用などにも多用されるようになったという経緯もあります。工事の際にはどうしても一時的に水の流れを変えるような必要が出てくることもあります。そういう時には土嚢袋が重要な役割を果たします。しかし、工事などに利用するにしても出来るだけ早く積み上げていく必要があります。そのために従来の土を入れるタイプに加えて水に浸けるだけで重さが急激に重くなるタイプもできています。そういうものは一気に積み上げられることもあって利用も増え人気になってきています。

土のう

水害対策には必要不可欠

水害対策に最も効果的なのが土のうです。土のうは店舗の入り口に積めばしっかりと水の侵入を防ぐことができるので、ゲリラ豪雨などの突発的な水害に大きな効果を発揮します。店舗経営者の方でまだ水害対策を行っていない方は、店舗にいつでも使用できるように土のうを準備しておくことをおすすめします。

建設現場

足場と建物とを覆うシート

足場を使った高所作業では、周辺に木屑やホコリや塗料などが飛散することがあります。足場シートは、それを防ぐために多くの業者に使われています。使用により、周辺への悪影響を防ぎやすくなる上、現場も風や雨から守られやすくなります。さらに広告をプリントした足場シートもあり、この場合は宣伝にも役立ちます。

工事現場

現場の安全を守るシート

現場シートは建築現場の足場の周囲に張りめぐらし、作業中の安全を確保するのに使用するシートです。最近は樹脂製の生地が主流となっており、耐久性も向上しています。表面に印刷を施すことで広告媒体として活用されることもあります。