目的に合わせて土嚢袋のサイズを使い分けましょう

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

足場と建物とを覆うシート

建設現場

周辺への悪影響を防止

建物の建築や室外工事などでは、高所作業が必要となることがあります。梯子や脚立などを使っても難しいこともあり、そのような場合は建物全体を囲むような形で、足場が組み立てられます。足場は格子状となっているので、足をかければ上方向へと容易に移動することができます。そのため足場があれば、高所作業がスムーズに進むようになるのです。ところが高所作業では、作業内容によっては周辺に悪影響を与える可能性があります。たとえば建築の場合は木屑が、解体の場合はホコリが、塗装の場合は塗料が、それぞれ飛び散ってしまうことがあるのです。これを防ぐために、高所作業をおこなう多くの業者が、足場シートを使用しています。足場シートは、足場および建物全体にかぶせることができるので、これにより飛散を防ぎやすくなるのです。

建物を守るために

足場シートは、建物の周辺だけでなく、その建物自体を守るためにも重宝されています。というのも建物の高所は、風や雨の影響を受けやすいからです。風が塵やゴミを多く運んで来たり、雨で広範囲が濡れたりすると、高所作業は難航することになります。特に塗装の場合は、塗料を塗った場所にゴミが付着すると、除去した上での塗り直しが必要となります。雨が降ると、塗料が乾きにくくなることから工期が長くなり、その後の予定が狂ってしまうこともあるのです。こういったことを防ぐためにも、高所作業では足場シートが使われているわけです。また足場シートは、建物を覆うほど大きく、しかも高所に取り付けられるのですから目立ちます。そのため昨今では、宣伝のために広告をプリントした足場シートを使用する業者も増えてきています。