目的に合わせて土嚢袋のサイズを使い分けましょう

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

水害対策には必要不可欠

土のう

ゲリラ豪雨の増加によって河川の周辺以外でも水害が頻発しています。水害によって店舗内が水に浸ってしまうと仕入れた商品のすべてが廃棄処分となってしまうため、店舗経営者にとって水害対策は必須となっています。この水害対策で最も効果を発揮するのが土のうです。土のうは低料金なので数多く準備しておくことができるほか、かさばらないので普段は倉庫の片隅にしまっておけるなど保管性にも優れています。水害発生時には入り口に積み重ねることによって水が店舗内へと浸水するのを防ぐことができるので店舗や商品の汚損を防ぐことができます。店舗経営者の方でまだ水害対策を行っていない方は、ゲリラ豪雨などによる被害にあう前に店舗に土のうを準備しておくことをおすすめします。

ひとくちに土のうといっても様々な種類が販売されています。大きさはたっぷりと土を詰め込むことができる大判タイプをはじめ、女性でも簡単に扱うことができる小判タイプの土のうも販売されています。また都市部での使用におすすめとなっているのが吸水タイプの土のうです。この吸水タイプの土のうは内部に水で膨らむ成分が含まれているので、土を入手しづらい都市部の水害でも大きな効果を発揮します。使用後は内部の水分を乾燥させれば一般ごみとしても廃棄できるので、水害後の後片付けも簡単に済ませることができます。ほかにも作業がしやすいポリエチレン製や持ち手のついたタイプもあります。このようなタイプであれば土のうの移動も簡単に行うことができるので、緊急時にはスピーディーに作業を行うことができます。